ALLOVER:友情エクスプレス ~一緒に急行列車に乗ってみませんか? ~

ALLOVER:友情エクスプレス邦楽レビュー

ALLOVERの6枚目のシングルである「友情エクスプレス」。

2014年に「桜Babyラブ」に続いてリリースされた、実質のセカンド・アルバムです。カップリングの違いで10バージョンもリリースされたからです。

CDではバージョンによって3曲目とジャケットが異なるリリースでしたけれど、配信では全バージョンがまとまった13曲の収録となっています。

前作「桜Babyラブ」からは約半年と短いスパンでの発売でしたが、クオリティをあげて発売をしてくるというのは当時に聞いてびっくりしたアルバムです。

現在underbeasty で活動しているゆあてぃん(植竹優亜ちゃん)、あいつん(松下愛)がALLOVERとして最後に参加したシングル(アルバム)でもあります。

今もふと聞くたくなってたまに聞くと、当時を思い出す思い出のアルバムです。

シングル収録曲概要

「友情エクスプレス」の収録曲は以下の通りです。

  1. 友情エクスプレス
  2. 君WITH遊
  3. お願いねスマにゃん
  4. 夏色ノ花火
  5. Grow Up
  6. Twinkle☆
  7. シャカリキTeen
  8. 赤いVICTORY
  9. 挑発PHRASE
  10. 青空あんちゃんこうちゃん
  11. PANKING×PUNKING
  12. 走る!サンクスネイチャーバス
  13. 痛車BEAT

曲名を見ただけ歌詞も、曲もギターでコピーしているから全てを思い出せます。1度覚えてしまうと、時間が経っても忘れることはないんですね。

当時は配信ではないから、CDからiTunesに1曲ずつ取り込むという今考えると少しめんどくさいことを当たり前のようにやっていました。

購入した枚数が多くても、聞いた回数からいったら完全に元を取ってます。

ALLOVERは地域や、キャラクターとコラボをした曲が多いのですが、「友情エクスプレス」のMVにコラボキャラが多く出演しているのが見られます。

ストーリー仕立てのMVもかわいらしいですし、「友情エクスプレス」という曲名にもぴったりな楽しいMVになっています。

この記録の中でピックアップするのは一部の曲だけですけれど、どの曲を聞いてもALLOVERは良かったな〜と思える曲だらけです。

別の活動をしているから現在がわかるメンバーもいますが、さきぶとか稲葉ちゃん、ゆっきゅんは一体今は何をしているのでしょうか?

夏色ノ花火

少し夏の切なさを歌った曲の「夏色ノ花火」。(4曲目)

曲で花火というと打ち上がる部分が主になることが多いですが、この曲は「シュルルパララ」と消えていく様子が主となっている少し切ない曲です。

ギターの音とフレーズが聞いたただけで夏を感じさせますし、当時気になって友情エクスプレスの中で一番最初にコピーしたのはこの曲だったと思います。

この曲はあいつんもメンバーに入っていて、普段はこれでもかという笑顔を見せていたあいつんの少し切ない顔が、ライブで印象に残る曲でした。

夏なのに少し切ないこの曲は、またライブで見られるのなら見てみたいです。

Twinkle☆

もろアイドルという感じでかわいい曲の「Twinkle☆」。(6曲目)

さらっと聞けるポップな曲なのですが、歌詞を見てみるとう友情や絆を歌っている、実は深い内容の曲です。歌詞を聞き逃さないで欲しい曲ですね。

ALLOVERをハマっていた当時妹のように感じていたまありんこと彩田真鈴ちゃんのセンター曲だったので、アルバムの中でも1番聞いてきた曲でした。

まありんは今雑誌モデルとかもしていますが、今年のTIFにアイドルとしてではなくても出演をするみたいなので、ちょっと興味がありますね。

今は妹感はなくなって大人っぽくなっていますが、うれしいような切ないような気がするのは、親心の様な気持ちでしょうか…。

シャカリキTeen

収録曲の中でも特にポップな曲の「シャカリキTeen」。(7曲目)

ALLOVERが行っていた定期公演でもこの曲がセットリストに入っていると、楽しさが倍増している曲でした。CMの曲になってもおかしくないポップさです。

シャカリキTeenって曲名とぴったり過ぎる曲で、楽しく聞いていました。

この曲を聞くとメンバーのみなくること、小沼実菜ちゃんを思い出します。みなくるは確か進学で卒業したのですが、最近見かけてびっくりしたんです。

見かけたのはアイドルグループでなく、読売巨人軍の公式マスコットガールのVENUS(ヴィーナス)のメンバーになっていたんです。

もともと大人っぽい感じの子でしたけれど、さらにきれいで大人っぽくなっていたので少しびっくりしました。元気な姿が見られてうれしかったですね。

しかも他の球団のマスコットガールではなく、巨人というとこがまたいいです。巨人戦を見に行くことがあったら、みなくるがいるのか探したいと思います。

あとがき

あらためて聞いてみても友情エクスプレスはいいですね〜。

多くいたメンバーもそれぞれに個性がありましたし、当時からななんでこの内容で売れないんだ? と不思議に思っていました。

タイミングが戦略がうまく当てはまらないとアイドルは特に売れないんでしょうけれど、ALLOVERはもったいないなと今でも感じるアイドルグループです。

過大評価する必要はないですが、過小評価されたままでグループがフェイドアウトしてしまったのは、少し切なさを感じるグループです。

切なさを感じるからこそ、今も別グループで活動しているメンバーには活動がうまくいって欲しいなと願うばかりです。

今聞いても楽しく聞けますので、楽曲の優れたアイドルグループを探している方にオススメするシングル(アルバム)です。

 

以上、『ALLOVER:友情エクスプレス ~一緒に急行列車に乗ってみませんか? ~』でした。

ALLOVER 関連記事

2014/3/12 release 5th Single
ALLOVER:桜Babyラブ ~ピンクのオーバーオールに春がある~

2015/6/17 release 7th Single
ALLOVER:超えてけエブリシング ~その先に大きな変化が~

2019/4/24 release 5th Single
underbeasty:ROCK ALIVE / ARCADIA CAT ~同期ものでドッキドキ~

コメント