あいみょん:青春のエキサイトメント ~この興奮を分けてあげる~

あいみょん:青春のエキサイトメント邦楽レビュー

あいみょん 1枚目のアルバムである「青春のエキサイトメント」。

2016年にシングル「生きていたんだよな」でデビューをしてから、3枚のシングルをリリースをはさんで、2017年にリリースされたアルバムです。

ミニ・アルバムはインディーズ時代に2枚リリースをしていますが、フルとしては、このアルバムが初めてとなります。

ジャケットの赤一面の濃さと同じく、収録されている曲の内容が濃いです。

シングルの3曲が変に主張をするのではなく、絶妙な曲順でアルバムの中に含まれてのるのがいいですね。長く期間、楽しんで聞くことができるアルバムです。

アルバム収録曲概要

「青春のエキサイトメント」の収録曲は以下の通りです。

  1. 憧れてきたんだ
  2. 生きていたんだよな
  3. 君はロックを聴かない
  4. マトリョーシカ
  5. ふたりの世界
  6. いつまでも
  7. 愛を伝えたいだとか
  8. 風のささやき
  9. RING DING
  10. ジェニファー
  11. 漂白

インディーズでリリースした2枚のミニ・アルバムに収録されているような強烈なインパクトの曲名はないのが、逆に面白く感じます。

デビューして棘がなくなったのではなく、棘を出さなくてもあいみょんという存在を表現できるようになったからこそ、この曲名になった気がするからです。

曲を聞いてみれば抑えているのでも、丸くなっているわけでもないのが分かります。この内容で1枚目のアルバムですから、興味がわくだけでなく驚きです。

あいみょんが青春として過ごしてきた時間が、すごく興味が深々になりました。

憧れてきたんだ

ギターとドラムのみのシンプルな演奏の「憧れてきたんだ」。(1曲目)

シングルよりもアルバムは経歴として長く残ります。だからこそ、デビュー1枚目の1曲目は、シンガーソングライターというの出したかったんでしょうね。

シンプルで極まりない演奏と、歌詞にあるメジャーを辞めたシンガーソングライターや、見なくなった人には自分はならないぞ! という宣言のように感じます。

プラス「私は変わったんだ」でブチッと曲が終わるのは、憧れてきたものだからこそ、ケンカを売っているんだという意志のようなものも感じました。

自主制作のインディーズであればありそうな気もしますけれど、メジャーの1枚目。アルバムの1曲目で自分をしっかりと出す、あいみょんは面白いです。

ふたりの世界

少し変わった二人に関係性を歌った「ふたりの世界」。(5曲目)

離れたいけれど、離れない関係は周りから見たら不思議な関係に見えますが、二人にとっては普通の関係なんでしょうね。変わっているのが普通という。

家族だと血がつながっているから切れないものもありますけれど、恋人や結婚は結局のところは他人だからこそ、ズレてしまう部分もあります。

自分は結婚もしていないし、恋愛はしてもこの曲の歌詞のような関係にはなったことがないので分かり得ない部分もありますけれど、面白いなと感じました。

フィクションではなくノンフィクションの歌詞だと思いますので、あいみょんと付き合ったら変わった面白い恋ができるのかなと想像してしまいます。

歌うではなくささやいている部分があるなど、ふたりの世界が面白いです。

風のささやき

しっとりとしたシンガーソングライターらしい曲の「風のささやき」。(8曲目)

風のささやきとは風ではなく、無責任なことばかりいってくる、人のことを指していますよね。だからこそ、風のささやきなのにふざけんなと思ってしまう。

頑張っている人に頑張ってといってプレッシャーをかける人や、昔はこうだったとか役に立たない助言をしたり顔出する人への、メッセージのように感じます。

静かなしっとりとした曲ですが、メッセージ性はとても強い曲です。風のささやきにはムカついても、自分の場所を探そうというのは強いですよね。

静かに文句をいうだけではなく、やるべきことはしなきゃダメよと背中を押してくれる曲です。風のささやきは、そうだねと軽く流してしまえば最高かなと。

漂白

アルバムを締めくくる曲の「漂白」。(11曲目)

新しい恋をする度に真っ白な状態の私でいたいけれど、過去の残ってしまう思いという色があると歌った曲は、聞いていて共感ができる女性が多いかもですね。

どうせ完全には真っ白にはできないのだから、「また会いにきてね」というのは、女性特有の強さを感じる曲です。男性は大抵の人が引きずりますから…。

恋の思い出は引きずるし、真っ白にするのではなく、別の色として取り扱えると思うけどできなくて失敗します。恋に関して男は基本的に不器用です。

完全には気持ちが分からないからこそ、面白いなと感じてしまいました。

あとがき

赤に染まったアルバム・ジャケットがインパクトで目を引きますが、アルバムの中に収録されている曲は、アルバム・ジャケット以上に興味が引かれます。

シングル曲はシングルで世界感を見せてくれていますが、アルバムの曲がアルバムとしての世界観をしっかりと作っていることがいい感じです。

シングルを聞いたからアルバムはいいや! ではなく、アルバムを聞くからこそあいみょんの青春エキサイトメントの世界がわかるようになっていますよ。

あいみょんはシンガーソングライターですが、このアルバムを主軸とした世界感を示すというのは、聞いていてバンドに近い感じがしました。

シンガーソングライターであるあいみょんに自分が興味をもって引かれてしまうのは、歌詞の独特な世界感はもちろん、バンドを感じるからかもですね。

今はメジャーもインディーズもあまり堺はなくなってきていますが、メジャーの1枚目のアルバムでこの表現力を持つあいみょん。興味深く、面白いです。

 

以上、『あいみょん:青春のエキサイトメント ~この興奮を分けてあげる~』でした。

あいみょん 関連記事

2015/8/5 release 1st mini Album
あいみょん:tamago ~メインではなくても必ず必要な存在に~

2015/12/2 release 2nd mini Album
あいみょん:憎まれっ子世に憚る ~見せかけではない本当の私~

2016/11/30 release 1st Single
あいみょん:生きていたんだよな ~あなたはどんな情景を見ていたのか~

2017/5/3 release 2nd Single
あいみょん:愛を伝えたいだとか ~言わなくても気持ち分かるでしょ? ~

2017/8/1 release 3rd Single
あいみょん:君はロックを聴かない ~それでも僕には必要なんだ~

2017/9/12 release 1st Album
あいみょん:青春のエキサイトメント ~この興奮を分けてあげる~ ←今ココ

2018/4/25 release 4th Single
あいみょん:満月の夜なら ~心を開いてみせてもいいかも~

2019/2/13 release 2nd Album
あいみょん:瞬間的シックスセンス ~12の塊が感覚を刺激する~

2019/4/17 release 7th Single
あいみょん:ハルノヒ ~日常と私の現実~

2019/7/24 release 8th Single
あいみょん:真夏の夜の匂いがする ~あなたはどのタイプ? ~

2019/10/2 release 9th Single
あいみょん:空の青さを知る人よ ~いつも通りが当たり前ではない~

コメント