あいみょん:真夏の夜の匂いがする ~あなたはどのタイプ? ~

あいみょん:真夏の夜の匂いがする 邦楽レビュー

あいみょんの8枚目のシングルである「真夏の夜の匂いがする」。

その次代によって活躍する女性のシンガーソングライターは出てきますが、今最も活躍しているといって間違いない、あいみょんの最新シングルです。

耳に残るメロディーの使い方のうまさだけでなく、歌詞が特徴的な彼女の曲ですが、今回のシングルの2曲もとても印象に残る曲になっています。

あいみょんという名前も、今さらながら絶妙なアーティスト名ですよね。

自分らしさと最後に気付いたこととは?

「真夏の夜の匂いがする」の収録曲は以下の通りです。

  1. 真夏の夜の匂いがする
  2. テレパしい
  3. 真夏の夜の匂いがする (Instrumental)

曲名だけを見ても気になってしまうタイトルの付け方は、さすがですよね。

匂いというのは場所、時間や季節によっても違いますから、真夏でしかも夜となると気にならならないという方が難しいのではないでしょうか?

「テレパしい」も、テレパシーとしてしまわなかったのが、「なんでひらがな? 」という興味をわく要因になっています。

しかも奇を狙って付けているタイトル名ではないのに、曲名だけで興味をわかせるというのは、やっぱりあいみょんすごいなという気持ちでいっぱいです。

匂いの先には何がある?

TBS系火曜ドラマ「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」の主題歌の「真夏の夜の匂いがする」。

時や場所、人によって異なる匂いを表現の手段として、一人ひとりで進む場所も考え方も全く違うんだよと言っている曲です。

だからこそ「自分らしく行けばいいじゃない! 」と背中を押してくれるような曲になっています。相変わらずというか、言葉の使い方がとても面白いです。

あいみょんの曲はただ聞くだけでなく、歌詞だけを見てどういうことなんだろう? と考えてみると、より楽しめる曲が多いですよね。

Aメロ、Aメロ、Bメロ、Aメロ、Bメロ、サビの構成の持ってき方は、これは天才級の曲になっています。曲の構成の仕方が、すごく参考になる曲です。

しかもインストがあるので聞くとより分かるのですが、上モノの音はありますが、ギター1本でしっかりと成り立つシンプルな曲なんです。

余分な音はなくても曲は伝わるんだよというのと、繰り返しの部分が違う演奏になっているので、インストも聞いてみると面白い曲ですよ。

あなたと通じ合えてる?

曲が始まってすぐに、このタイトルしかないと感じる「テレパしい」。

出会った2人の運命の出会いだったら、言葉なんていらないでしょ? という思いが込められているこの曲。確かに運命の出会いなら、常に言葉は不要ですよね。

言葉は強い力を持ってますから、時には相手を傷つけてしまうことがあります。気持ちだけで通じあえたら、傷つける機会も減るという…。

でも、最後は言葉だからこそ伝わることがあるというのは、いいですね。歌詞を見ていてすごく興味深いですし、面白いなと感じずにいられません。

シンプルな曲なんですが、ラストのパートはあいみょんならではの曲です。

真夏の夜の匂いがする あとがき

今回のシングルも、期待以上に楽しめる内容でした。

最初にあいみょんが出てきた時は「なんじゃこりゃ? 」と感じたのですが、声質だけでなく、歌詞も曲も興味深く面白いので気になってしまいます。

タモリ倶楽部の官能小説の回に出ていたのですが、見ている観点が面白くて、より気になる存在になってしまいました。存在が面白いのはいいですね。

特に男性で売れている、話題になっているから逆に聞かない方もいますが、あいみょんは食わず嫌いで聞かないのはもったいないアーティストですよ。

 

以上、『あいみょん:真夏の夜の匂いがする ~あなたはどのタイプ? ~』という記録でした。

あいみょん 関連記録

2019/2/13 release 2nd Album
あいみょん:瞬間的シックスセンス ~12の塊が感覚を刺激する~

2019/4/17 release 7th Single
あいみょん:ハルノヒ ~日常と私の現実~

コメント