次回新着記事予定:検討中
【Amazon ペット用品】

あいみょん:瞳へ落ちるよレコード ~どう見えるかは別として~

あいみょん:瞳へ落ちるよレコード邦楽レビュー
邦楽レビュー

あいみょん 4枚目のアルバム「瞳へ落ちるよレコード」。

前作「おいしいパスタがあると聞いて」から1年11カ月。シングルで見られるメジャー感だけでなく、アルバム収録曲のマイナー感が絶妙な内容の1枚。

あいみょんいわく「初めてアルバムを作るみたいな気持ちで、ウキウキしてました」というのが、その言葉の通りに伝わってきます。

瞳へ落ちるよレコード 収録曲概要

「瞳へ落ちるよレコード」収録曲は以下の通り。

  1. 双葉
  2. スーパーガール
  3. 姿
  4. 初恋が泣いている
  5. 君のこゝろ
  6. 3636
  7. 強くなっちゃったんだ、ブルー
  8. 桜が降る夜は
  9. ペルソナの記憶
  10. 神秘の領域へ
  11. ハート
  12. インタビュー
  13. 愛を知るまでは

アルバムまでに「スーパーガール」「桜が降る夜は」「愛を知るまでは」「ハート」「双葉」「初恋が泣いている」「3636」をシングルで発売、または配信。

7曲というのは過去最高ですが、それでもよく言われるベスト盤の様な形になっていないのが特徴的です。その理由は、アルバムでの収録曲に個性があること。

加えてタイトル曲以外のカップリングを含まなかったのが、理由の1つでしょうか。きっとこの部分は、制作する時点で気を付けていたことでしょうね。

オリジナル盤でベスト盤の様なと言われるアルバムは、大抵は内容がつまらないので…。通して聞くと、ミュージシャンあいみょんの部分が感じられます。

姿

好きなんだあなたの「姿」。(3曲目)

完璧ではないかもしれないけれど、私にとって大切なあなた。その姿をずっとこれかも見ていたいという思いは、歌にしたラブレターの様に聞こえます。

特別な事ばかりの日々だけじゃ
少しつまらない気がする

刺激的なことも楽しけれど、それだけが求めているんじゃない。平凡な日々もあなたといるとなんか楽しいと思えるのは、恋でなく愛なのでしょう。

女性から男性に向けてのラブソング。これを2人の時にカラオケでもいいので歌われたら、ドキッとしてしまう人は多そうです。

そして聞き終わった時には、ぎゅっと彼女を抱きしめちゃうことでしょう。

君のこゝろ

まだわかんないよ「君のこゝろ」。(5曲目)

今は何年だっけ? と思ってしまいそうな、ブルージーな楽曲。アレンジャーが入っていると思いますが、このタイプがあいみょんの年代で出てくるのが面白い!

じわじわ感が強く、聞いているうちに「まだまだまだ」のフレーズが頭にこだますること請け合いです。しかもふわふわと、長い時間余韻が残ります。

まだまだまだ見えない
君のこゝろが

どんなに興味や好意を持っていても、良くも悪くも結局は他人だからこそ見えない相手の心。それがもどかしくもあり、面白くもある。

永遠に100にはなりえないからこそ、自分ではない別の人へ興味がわくのでしょうね。また、きっちりしていない揺れたリズムも、曲にあっていて面白いです。

強くなっちゃったんだ、ブルー

求める気持ちが「強くなっちゃったんだ、ブルー」。(7曲目)

トラックリストが公開された時から気になっていた曲。その思いは間違っていなかったようで、その表現としても面白い楽曲。

なんかブルーになりたい気分…。そういう時ってたまえにあるよね! と感じさせてくれると同時に、やっぱり自分だけじゃないよねと安心しちゃいます。

傷つきたい
ちゃんと泣いてみたいんだ、ブルー

常にハッピーになりたいわけじゃなく、傷心にひたりたい時もある。それが今の私にとって必要な行為だから。笑顔でいる時が、いつも幸せとは違う。

感情を持ち合わせている人ならではの思いは、興味深い感情です。加えてその思いは、その人だけのもので誰にも分かり得ないものですから…。

ペルソナの記憶

消えることのない「ペルソナの記憶」。(9曲目)

外見をいくら装ってみたり、興味がなりふりをしてみても、内面にいるのがある意味で本当の自分。その消したいという思いが強いほど、消去ができません。

だからこそ、何かを売るマーケッティングでもターゲットとして強く意識されるペルソナ。厄介に思うほど、その記憶はより強くなってしまいます。

愛しかったはずの名前を
オムライスに殴り書きして
消して 消して 消して

少し前は何回呼んでも愛しかった、その名前。でも、今はこの記憶の中から消し去りたい。でも、そう思う程に消えないのは、より記憶に残るからでしょうか。

オムライスに文字を書く。よくある行為でも殴り書きして消そうとするのは、想像するだけでも狂気的。MVの映像がなくても、その姿が目に浮かびます。

にしても、メロディーの音階が超難しい曲。1音ズレたら全てがなってしまいますし、あいみょんの様に歌える人は少ないかも…。

カラオケに入ったら、チャレンジすることをオススメします。そして思いっきり撃沈されてみて下さい。高低音とは異なる、歌う難しさが味わえますよ。

神秘の領域へ

辿りついてしまったよ「神秘の領域へ」。(10曲目)

表立っては出せない、内に秘めた変態性。少なからず、きっと誰もが持ち合わせているもの。それは冷静に考えると、少し変わったおかしなことだと分かる。

それを”神秘の領域”と言ってしまうのは、一種のカモフラージュというか、かっこつけでもありそうです。フェチと表現するよりも、自己満が高めかも?

アレしたいよもっと
もっと したい

本当はもっと、神秘の領域へと自己解放をしたい。でも、それは中々できないことにも自分自身で気付いている。所謂ところの自己との葛藤。

欲望のままに踏み込み過ぎたら、それはただの変態。少し足は入っていても踏み込み過ぎていないからこそ、まだ自分の中の神秘の領域でありそうです。

音としてはポップな楽曲ですが、歌詞だけで見た時の変態性。これは面白い!

インタビュー

ちょっとは成長したのかも?「インタビュー」。(12曲目)

闇があったデビュー前の雰囲気を漂わせる歌。ただ、それを乗り越えた今の私があるんだよと見せてくれるのは、闇に落ちそうな人の支えになりえそうです。

事実上の負け感じた時だって
ちゃんと笑えていたのが自分です

本来は心が折れてしまいそうな場面。それを同じ笑いでも愛想ではなく、流せるようになった。なるまでは大変ですが、できちゃったら最強です。

無視ではなく、受け止めた上でそれはそういう意見もあるよね。また、インタビューというタイトルは、過去を知っている自分に対して行ったものなのかなと。

よく過去の自分に教えてあげたいなんて例えがありますが、今のあいみょんからの昔の彼女へ送るメッセージだと考えると面白い気がしました。

また、演奏もスティール・ギターが使われたり、リズムパターンがよく聞くと面白いのも特徴的。聞いていてじんわりとくる面白さがあります。

あとがき

今作で面白いなと思っのは、今作のタイトルは「瞳へ落ちるよレコード」。当然アルバムリリース時に今流行り(?)のレコードの販売もあるかと思いきや、無し。

その代わりに初回プレス盤を購入した人たちの中から抽選で100名に、オリジナルレコードプレイヤーが当たるというキャンペーンを実施!

これはちょっと斜め上で面白いし、配信で聞くのもいいけれどアルバムを買ってみようかな? と感じさせる、良い感じの販促方法ではないでしょうか。

また、冒頭にも記述しましたが、シングルのメジャー感とアルバム収録曲のマイナー感が説妙な内容。これができるアーティストは、意外と少ないかも…。

大抵はどっちかに偏ってしまうので。加えてバンドでも、ギター1本でも成立するであろう収録された曲たち。これを面白いと感じる方も多い気がしています。

意図的ではない独自性を見せてくれる、あいみょん。彼女は面白い存在です。

 

以上、『あいみょん:瞳へ落ちるよレコード ~どう見えるかは別として~』でした。

あいみょん 関連記事

2015/8/5 release 1st mini Album
あいみょん:tamago ~メインではなくても必ず必要な存在に~

2015/12/2 release 2nd mini Album
あいみょん:憎まれっ子世に憚る ~見せかけではない本当の私~

2016/11/30 release 1st Single
あいみょん:生きていたんだよな ~あなたはどんな情景を見ていたのか~

2017/5/3 release 2nd Single
あいみょん:愛を伝えたいだとか ~言わなくても気持ち分かるでしょ? ~

2017/8/1 release 3rd Single
あいみょん:君はロックを聴かない ~それでも僕には必要なんだ~

2017/9/12 release 1st Album
あいみょん:青春のエキサイトメント ~この興奮を分けてあげる~

2018/4/25 release 4th Single
あいみょん:満月の夜なら ~心を開いてみせてもいいかも~

2018/8/8 release 5th Single
あいみょん:マリーゴールド ~この恋は深い愛へと変わっていく~

2018/11/14 release 6th Single
あいみょん:今夜このまま ~甘い夢を見て気持ちよく眠れたら~

2019/2/13 release 2nd Album
あいみょん:瞬間的シックスセンス ~12の塊が感覚を刺激する~

2019/4/17 release 7th Single
あいみょん:ハルノヒ ~日常と私の現実~

2019/7/24 release 8th Single
あいみょん:真夏の夜の匂いがする ~あなたはどのタイプ? ~

2019/10/2 release 9th Single
あいみょん:空の青さを知る人よ ~いつも通りは当たり前じゃない~

2020/2/14 release Digital Single
あいみょん:さよならの今日に ~もう1度ではなく今は前へと進もう~

2020/6/17 release 10th Single
あいみょん:裸の心 ~もうしないと考えていたのに、芽生えたあなたへの恋~

2020/9/9 release 3rd Album
あいみょん:おいしいパスタがあると聞いて ~自然体な私がここにいます~

2020/12/16 release Digital Single
あいみょん:スーパーガール ~僕や私の中にいて支配する~

2021/2/17 release Digital Single
あいみょん:桜が降る夜は ~思い浮かべることはただ1つだけ~

2021/5/26 release 11th Single
あいみょん:愛を知るまでは/桜が降る夜は ~3つの愛と恋の物語~

2021/11/24 release 12th Single
あいみょん:ハート ~変化が生まれた貴方を想う気持ち~

2022/3/24 release Digital Single
あいみょん:双葉 ~君たちがどう咲くのか楽しみにしてるよ~

2022/6/8 release 13th Single
あいみょん:初恋が泣いている ~でも、今はこれでいいの~

2022/7/29 release Digital Single
あいみょん:3636 ~もう開く事のない二人の暗証番号~

2022/8/17 release 4th Album
あいみょん:瞳へ落ちるよレコード ~どう見えるかは別として~ ←今ココ

2020/3/27 release Digital Single ※コラボ曲収録
平井堅:怪物さん feat.あいみょん ~私はわがままだけど受け止めてね~

「あいみょん」をApple Music で聴く

Amazon【あいみょん】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント