【中古買取サイトBUY王(バイキング)】

愛美:LIGHTS ~その輝きはまだ小さくても尊くて美しい~

愛美:LIGHTS邦楽レビュー
邦楽レビュー

愛美 (あいみ) 配信シングル「LIGHTS」。

前作「カザニア」から5カ月。途中フィーチャリング参加をした八王子P feat. 愛美「Twinkle Starry Night」を挟みつつ、配信オンリーでの新曲。

希望を込めた期待。そこに辿り着くための意思の強さを聞かせてくれます。

LIGHTS 概要

「LIGHTS」はテレビアニメ「現実主義勇者の王国再建記」第二部 エンディングテーマ。声優さんのタイアップ付き楽曲で、配信オンリーは珍しい…。

同じレコード会社に所属水樹奈々ちゃんもタイアップが付いた「Red Breeze」を配信リリースしていますが、実績を含めて考えると立場が異なります。

後のシングル、アルバムに収録されるということもあるのでしょうけれど、濃いファンが付きやすい声優さんでも変化を迎えているということかも…。

LIGHTS

テレビアニメ「現実主義勇者の王国再建記」第二部 エンディングテーマ「LIGHTS」。

希望を信じ、輝きが感じられる場所へと歩みよっていく。それがどこにあるかは分からなくとも諦めことなくというのは、何かを感じとっているのでしょう。

結果が分かっていないからこそ、輝きを追い求めるのは折れない強さです。

“サダメ”を感じたくて僕ら
幾度、確かめ合ったろう?

出会いを含め、起こる出来事は同じでも、運命であると思いたい。特別だと感じたいと思うのは、人の持つ弱さゆえかもしれませんね。

とはいえ思い込みであっても強くなれるのであれば、1つのいい方法です。

消せない痛みの数だけ
輝ける明日があるなら
紡ぎ重ね合ったすべて 誇れるから

例え痛みを感じても、輝きを信じて誇れる。よく人生は等価交換の法則があるなんて言われますが、それを信じているのかもです。

逆に報われることがあると思わなければ、どんなに強い人もいつかくじけてしまいますから…。弱さを知っているからこそ、強くなれるのも人であります。

痛みがあるからこその輝きというのは軽くないテーマですが、表現する際に歌声が負けていないのは大きなポイント! かといって強すぎません。

単純にこの曲だとというだけでなく、いろいろな表現へとつながっていきそうです。

あとがき

愛美の音楽活動で思い浮かぶのは「Poppin’Party」。CVとソロだからこそあって当然ですが、その変化の大きさにはびっくりさせられるものがあります。

声質は同一人物なので似ていても、歌い方や表現するものが違いますから…。そのギャプも彼女の音楽活動のギャップとも言えそうです。

また、「カザニア」の時も感じましたが、自身で歌詞を書くのを含めてユニットやバンド向きの彼女。ソロよりも良いパートナーがいたほうが輝けるかも…。

音楽の方向性は異なりますが、かつてのFavorite Blueのような形で。興味深い歌声と創造する部分を兼ね備えているので、個人的に期待をしています。

 

以上、『愛美:LIGHTS ~その輝きはまだ小さくても尊くて美しい~』でした。


Amazon【愛美】関連商品

愛美 関連記事

2021/4/7 release 6th Single
愛美:ReSTARTING!! ~”諦める”なんて言葉は私の辞書にはないよ~

2021/7/28 release 7th Single
愛美:カザニア ~吹き抜ける風は僕らの出会いを繋げてくれたんだ~

2021/12/27 release Digital Single
愛美:LIGHTS ~その輝きはまだ小さくても尊くて美しい~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Poppin’Party (ポッピン パーティー)

2021/9/20 release Digital Single
八王子P feat. 愛美:Twinkle Starry Night ~空を見上げてみて~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント