あぃあぃ:好きに選べばいいじゃん。 ~私は1人しかいないんだから~

あぃあぃ:好きに選べばいいじゃん。邦楽レビュー
邦楽レビュー

あぃあぃ 1枚目のシングルである「好きに選べばいいじゃん。」。

私立恵比寿中学から転校という名目で卒業した廣田あいかちゃんが、愛称である「あぃあぃ」名義でリリースしたシングルです。

UUUMに所属ということでユーチューバーやタレントの活動がメインになるか思いきや、音楽で活動してくれるのがいいですね。

私立恵比寿中学でのグループ活動も良かったですが、彼女は歌声はソロ方がいい感じになりそうな気がします。今作はソロとして始まりのシングルです。

好きに選べばいいじゃん。 収録曲概要

「好きに選べばいいじゃん。」の収録曲は以下の通りです。

  1. ミュートすればいいじゃん。
  2. 好きに生きたらいいとおもうよ
  3. 取捨選択

通常のシングルと異なるのは、シングルタイトルが1曲目とは異なることです。

バンドではまれに1曲目とシングルタイトルが異なる場合はありますが、アイドルやシンガーソングライターのJ-Popでは珍しい手法です。

単にタイトルが異なるのではなく、3曲全ての曲名の要素入っているタイトルは、興味深く面白いですね。ジャケットも含めて、個性が出てていいですよ。

ミュートすればいいじゃん。

ミュートでも音でなく、表示ことであるのが面白い「ミュートすればいいじゃん。」。(1曲目)

ミュートというと特に楽器を引く人だと音を消すことをイメージしますが、この曲でのミュートはSNSの表示です。本人作詞で、興味深い歌詞になっています。

確かに表示を消すのもミュートといいますよね。若い世代だからの自然な歌詞に込められた思いが青春パンクロックのような曲にあっていて、興味深いです。

「いままでは泣けなかったよ。」
でも 私が 見てるから

SNSは基本的に文字だからこそ、自分に対してへの思いのある歌詞がいいですね。

好きに生きたらいいとおもうよ

明日が楽しみになる思いが詰まった「好きに生きたらいいとおもうよ」。(2曲目)

曲名だけ見るとなんでもいいよ! というような投げやりな思いに見える感もありますが、実際は違う感情の曲です。自分に向けた思いが、優しさを感じます。

ぐっすり 眠りにつけたらいい
太陽が嫌じゃなければいい

ぐっすり寝られるのは今日が楽しかったから。太陽が嫌じゃないのは、明日が楽しみだから。さらっと出てくる歌詞ですが、とてもいい歌詞だと思います。

ループでたんたんと歌う曲だからこそ、感情が強く伝わってくるような曲です。外せない部分だけができてしまえば、全てが完璧じゃなくてもいいですよね。

声質にも合っている曲ですし、この曲にはとても優しい思いを感じます。

取捨選択

自分のことを歌詞にしたような「取捨選択」。(3曲目)

怒りまではいかなくても「自分のことは自由にさせてよ」の思いが伝わってくる曲です。あぃあぃは歌声は大人っぽくても、しゃべり声は独特ですから…。

アイドルグループ出身ということや、タモリ倶楽部に鉄オタとして出演するのも含めて、少し変わった印象を持たれることが多かったと思います。

人の印象や評価は相手がするものだからしょうがない部分もありますが、興味深い思いが聞ける曲です。いつか君は取捨選択しちゃうぞ!  という思いかも…。

自由にさせてよ 責任は持てるから
っていう、ちょっと独り言

かわいらしい思いに見えるのは、自分が大人だからこそかもですね。大人になっていく過程での思いを感じる曲は、時間の経過で変わっていきそうです。

あとがき

3曲の中に「あぃあぃ」としての思いが詰まっていて、興味深い内容です。聞いてみると、シングルタイトルが3曲の要素が含ませたのも納得しちゃいます。

曲数は3曲でシングルですけれど、きっとアルバムを作成するような気持ちで作られたシングルではないでしょうか? 濃い〜3曲が収録されたシングルです。

私立恵比寿中学という経験があるからこそできた内容だと思いますが、ソロの始まりとして興味深いものをリリースしてくれました。今後が期待ですね。

21歳の誕生日(1月31日)にリリースされる、ミニ・アルバム「冬来りなば春遠からじ」。このシングルを聞くと、きっと興味深く面白い内容になりそうです。

 

以上、『あぃあぃ:好きに選べばいいじゃん。 ~私は1人しかいないんだから~』でした。

コメント