Adam Lambert:For Your Entertainment ~あなたを楽しませてあげる~

Adam Lambert:For Your Entertainment洋楽レビュー
洋楽レビュー

Adam Lambert (アダム・ランバート) 1枚目のアルバム「For Your Entertainment」。

アメリカン・アイドル シーズン8で準優勝したのをきっかけして、2009年にリリースされたデビュー・アルバム。

聞く前から髪形が特徴的過ぎてインパクトのあるビジュアルでしたが、聞けばさらにクオリティの高さにびっくりする内容となっていました。

「For Your Entertainment = あなたの娯楽のために」に偽りがない内容は、聞いていていろいろな思いがめぐります。とてもカッコいいアルバムです。

【dTV】
dTV

For Your Entertainment 収録曲概要

「For Your Entertainment (Tour Edition)」収録曲は以下の通り。

  1. Music Again
  2. For Your Entertainment
  3. Whataya Want from Me
  4. Strut
  5. Soaked
  6. Sure Fire Winners
  7. A Loaded Smile
  8. If I Had You
  9. Pick U Up
  10. Fever
  11. Sleepwalker
  12. Aftermath
  13. Broken Open
  14. Time for Miracles
  15. Master Plan
  16. Down the Rabbit Hole
  17. Voodoo
  18. Can’t Let You Go

曲数が多いように見えますが、14曲目は通常リリース時の追加曲。15曲目以降はTour Editionとして追加されたボーナス・トラック。

Tour Editionで追加された曲もカッコいいのですが、特に通常リリース時の14曲目までのクオリティの高さには今聞いてもビックリします。

今もですが、初期からカッコ良かったんです。アルバムリリース前に、今も一緒に活動しているQUEENから声がかかっているのも納得しますよ。

Music Again

オープニング曲「Music Again」。(1曲目)

デジタルポップな曲はQUEENに通じるコーラスと、「you make me wanna listen to music again = もう1度音楽を聞かせてくれ」と、歌詞が印象的。

歌詞では聞かせてくれと歌っていますが、俺が新しい音楽を聞かせてやるよ! 当感じにも取れる、魅力が詰まった曲。1曲目にピッタリですね。

よく聞くといろいろな音楽の要素が隠れていて、とても面白いですよ。

For Your Entertainment

アルバム・タイトル曲「For Your Entertainment」。(2曲目)

ループ音を使っていて最初は単調にも聞こえるのですが、聞いているうちにじわじわと心に入ってくるスルメ曲。1回では魅力は伝わりません。

エンターテインメントや娯楽は1度だけでいいのではなく、何回も楽しめるものがよりいいですから、曲名を実現しているような曲になっています。

楽しいことをしようよではなく、「I’m here for your entertainment = あなたの楽しませるためにここにいる」というのは、正にエンターテインメントです。

シンプルな構成の曲ですけれど、だからこその面白みがあります。

Whataya Want from Me

1、2曲目とは一転して切ない「Whataya Want from Me」。(3曲目)

最初は「Wataya」とは何? と思っていましたが、「What do you」のこと。「What do you want form me = 何がしてほしいの」になります。

英語のカジュアルな表現を、曲名に持ってくるというのは面白いですよね。1枚目のアルバムで固くならずに、うまい表現だなと関心してしまいました。

自分が何をすればいいのか、何をしてほしいのかわかないという歌には、やり切れない思いがこもっていて切なさが漂います。切ない中に美学がありますね。

良曲が詰まったアルバムの中でも、特にオススメです。

Soaked

切ないゴージャスなイントロで心を奪われる「Soaked」。(5曲目)

聞く人によっていろいろな解釈ができそうな歌詞に加えて、アダム・ランバートの歌のうまさが光る曲。これは歌える男性は少ないでしょうね。

肉体は滅びていくけれど、魂だけは失うことはないというのに、痛みの中にも強い意志を感じる曲。負けない心を持っていれば、気持ちは救われそうです。

たとえ、肉体や存在そのものがなくなったとしても…。切ない思いです。

If I Had You

デジタルポップなリズムが面白い「If I Had You」。(8曲目)

俺も君と一緒にいられたら楽しいし、君も俺を一緒にいれば楽しくなれるよという、ラブソング。こういうデジタルポップなラブソングもいいですね。

デジタルポップといってもちゃらい感じではなくて、自分にとって唯一となる君だからこその言葉なんだよというのが、優しい男をを感じます。

Aftermath

あなたは1人じゃないからと優しさが聞ける「Aftermath」。(12曲目)

昨日を振り返る必要もないし、前に進むことだけを考えればいいんだ。あなたは1人じゃないからというのは、歌い方も含めて優しさを感じます。

Gonna tell ya you’ll be alright

「Whataya Want from Me」でもあった「ya = you」のカジュアルな言葉を含めて、「大丈夫だと言ってやる」なんて、優しさしか感じません。

歌詞の意味を分かるほど、背中をそっとだけど力強く押してくれる曲です。

Time for Miracles

ボーナス・トラックかつ、1枚目のシングル「Time for Miracles」。(14曲目)

映画「2012」のサントラにも収録された曲。収録されたから良かったですけれど、1枚目のシングルがボーナス・トラックとはいうのは面白いですね。

君と出会えて一緒に過ごせるのは奇跡に時なんだというロックバラードは、ラストに似合います。「Broken Open」もありですけれど、より合う感じです。

曲のバリエーションの広さもですが、最後の曲までアダム・ランバートが特別な声の持ち主なのが分かります。これだけ歌えたら、きっと楽しいでしょうね。

あとがき

アルバム・タイトル「For Your Entertainment = あなたの娯楽のために」の通り、いろいろな曲が楽しめる内容。

バリエーションの広さが、まさにエンターテインメントになっています。楽しめるのにプラスして、どの曲もクオリティが高いのも注目ポイント!

ソロ、QUEENの活動でも輝いているアダム・ランバート。セクシー度が今よりも少し控えめであるのが、また聞いていて楽しめるアルバム。

もともとがうまくセクシーな歌声がさらに進化して行く過程も、1枚目から聞いていくことで感じられます。優れたポップアルバムです。

 

以上、『Adam Lambert:For Your Entertainment ~あなたを楽しませてあげる~』でした。


『Adam Lambert』をApple Musicで

Adam Lambert 関連記事

2009/11/23 release 1st Album
Adam Lambert:For Your Entertainment ~あなたを楽しませてあげる~ ←今ココ

2012/5/14 release 2nd Album
Adam Lambert:Trespassing ~拒んでもに体の奥深くへ侵入する音~

2015/6/12 release 3rd Album
Adam Lambert:The Original High ~常に自己最高を求め続ける~

2019/9/27 release 4th EP
Adam Lambert :VELVET: Side A ~今見せるのは私の中の一面だけ~

2020/3/20 release 4th Album
Adam Lambert:VELVET ~クールに気持ちよくなってしまおうよ~

2020/4/30 release Delivery limited Single
Queen + Adam Lambert:You Are The Champions ~ありがとうを伝えたい~

コメント