絶対直球女子! プレイボールズ:アノタイヨウ ~夏は青春の1ページ~

絶対直球女子! プレイボールズ:アノタイヨウ 邦楽レビュー

絶対直球女子! プレイボールズの9枚のシングルである「アノタイヨウ」。

野球をモチーフという、他のアイドルグループとは一線異なる活動をしている彼女たちですが、今回のシングルも面白く興味深いものを出してきてくれました。

特に野球に興味がある方ならば思わずニヤッとしてしまう、夏の野球曲です。

夢をみていたあの空へ

「アノタイヨウ」の収録曲は以下の通りです。

  1. アノタイヨウ
  2. Super Summer Ⅱ

夏を連想させる曲の2曲の組み合わせになっています。

2曲目の「Super Summer Ⅱ」が「Ⅱ」とついているのは、既存の曲の録り直しになっているのが理由です。以前のものと比べると、また面白く聞けますよ。

忘れることなんてない

シングルのタイトル曲である「アノタイヨウ」。

ハワイアン、パンク、スカ、サンバといろいろな音楽の要素を取り入れられていて、曲としてすごく面白い仕上がりになっています。

面白い曲が多いプレイボールズですが、この曲は特に面白い展開の曲です。この曲を楽器を弾く人は聞いたら、コピーしたくなるのは請け合いですよ。

歌詞も特徴的で、野球少年たちのくじけずに夢へとと向かっていくという青春が想像できるような歌詞になっています。太陽は光を照らしてくれているという。

甲子園のテーマソングとかになってもうまくハマってしまうだろうし、この曲はすごくいい曲です。野球少年や、元野球少年に聞いて欲しい曲になっています。

MVも曲にぴったりな感じになっていて、とてもいい感じです。

高まる鼓動を君と一緒に

今回のシングルには録り直しで再収録の「Super Summer Ⅱ」。

オリジナルはファースト・シングルのカップリング、セカンド・アルバムに収録ですから、活動を続けてきたからこそ変化があって当然な出来となっています。

基本的な原型の曲はオリジナルと変わっていないからこそ、彼女たちの成長の形が感じられる仕上がりになっていますよ。言葉が入ってきやすい感じですね。

歌詞の中に「南風」、「連れて言ってね 甲子園」という歌詞があるのですが、タッチの南ちゃんが思い浮かぶ曲になっています。直接は関係ないですけど…。

特徴的な早口のパートが、プレイボールズらしさを感じる曲です。

アノタイヨウ あとがき

2曲とも夏の野球の曲として共通点がありますし、いいシングルですね。

また、今回のシングルで気付いたことが1つ。タイトル曲の「アノタイヨウ」でメインボーカルをとっている、一二三 塁(ひふみるい)ちゃん。

どこかで見たことがある顔だと思っていたのですが、ALLOVER、asfiにいた七瀬いづみちゃんだったんですね。似てるいるなと思っていましたが…。

今回記事をまとめる時にMVを見ていて、やっぱり似ているよな〜と思って調べてみたら勘違いではなくて、なんか少しうれしい気分になりました。

特にアイドルで以前の活動を知っている子が元気にしていると、応援したくなりますよね。絶対直球女子! プレイボールズに、より興味がわいてきましたよ。

メンバーだけでなく「アノタイヨウ」。とても面白く、すごくいい曲です。

 

以上、『絶対直球女子! プレイボールズ:アノタイヨウ ~夏は青春の1ページ~』という記録でした。

絶対直球女子! プレイボールズ 関連記録

2017/6/30 release 1st Album
絶対直球女子! プレイボールズ:POWER SLUGGER ~HRを打ちまくれ~

2019/3/18 release 3rd Album
絶対直球女子! プレイボールズ:Mr.Green Light ~野球で楽しさがあふれ出す~

コメント