絶対直球女子! プレイボールズ:Mr.Green Light ~野球で楽しさがあふれ出す~

絶対直球女子! プレイボールズ:Mr.Green Light 邦楽レビュー

絶対直球女子! プレイボールズの3枚目のアルバムである「Mr.Green Light」。

ユニット名にも現れていますが、野球をモチーフにしているというアイドルグループです。 目の付け所がとても面白いですよね。

イベントで何回かライブを見たことがありますが、「ダイビングキャッチ」のようなファンと一体化するようなライブが楽しいグループです。

面白いグループと考えると、すぐに思い浮かぶアイドルグループですね。

楽しいがあふれたアルバム

「Mr.Green Light」の収録曲は以下の通りです。

  1. Mr.Green Light
  2. えっ!?夏のSummer21
  3. Standing Double
  4. ブロックサイン
  5. フライボールレボリューション2021
  6. SAMURAI JPN
  7. キャッチボールしよう!
  8. 最後の夏が終わるまで
  9. ぼーるのきもち

3、4、5曲目が先行シングルですので、6曲が新曲です。

曲のタイトルからして、野球があふれているという感じですよね。実際に聞いていても特に野球が好きな方なら「にやっ」とする場面が多くあります。

何かに特化する特化型のアイドルグループは多いですが、ここまで野球に特化しているのは面白いし、他ではマネができない独自のアイドルグループです。

勢いだけで押し切っていなくて、アルバムにストーリーがあるのもこのアルバムを聞いていて面白いし、いいなと思うところですね。

うまいことサインを使っている「ブロックサイン」

先行シングルにもなっている「ブロックサイン」。

昔のディスコサウンドを取り入れたパラパラ曲ですが、面白いです。

声に出せない気持ちを
show me! show me! show me my hands
迷わないで その手を今 振り抜け

Bメロの歌詞ですが、これはまさにブロックサインですよね。

野球をパラパラ曲にするという発想も面白いですが、アルバムの中でも特に歌詞が特徴的で面白い曲になっていますよ。

去年シングルが発売された当時、ランニングの時によく聞いていました。

勢いだけでは押し切らない

「最後の夏 = 高校球児」。夏は終わりがきてしまうけれど終わって欲しくないという気持ちが、この曲を聞いていると伝わってきます。

正直音源で聞いても、上のYouTubeのライブ動画を見ても、歌がうまいわけではないんです。だけど、そこがこの曲を生かしているのかなと。

普段プロ野球を見ていて高校野球を見ると、なんでそこでミスをするかなぁというところでミスをするじゃないですか。まだ未完成である部分。

アイドルグループというと完成された状態でないのを見守りたい! という方が多いですから、狙ってはいないでしょうけれど、うまくハマっていると思います。

この曲があっての、ラストの「ぼーるのきもち」にうまくつながってますよね。

Mr.Green Light あとがき

「Mr.Green Light」は、とにかく聞いていて楽しいアルバムです。

9曲で32分という時間もありますが、あっという間に聞き終わるという感じで、もう1回聞こうかなとリピートをしてしまうアルバムですね。

3〜5曲目のシングル3連発は曲順だけ見るとどうかな〜? と思うのですが、実際聞いてみるとうまくハマっているので、面白いなと。

曲のクオリティが高いな〜とは以前から思っていましたが、プロデューサーがHKT48の「スキ!スキ!スキップ!」の作曲を担当した方なんですね。

野球に特化した戦略も含めて、納得という感じです。

夏はイベントが多くあるので、見る機会があると思います。絶対直球女子! プレイボールズのライブをまた見たいなと思った、今回のアルバムでしたよ。

 

以上、『絶対直球女子! プレイボールズ:Mr.Green Light ~野球で楽しさがあふれ出す~』という記録でした。

コメント