【タダ本】
タダ本タダ本

ABBA:Don’t Shut Me Down ~まだこれからするべきことがあるの~

ABBA:Don't Shut Me Down洋楽レビュー
洋楽レビュー

ABBA (アバ) 配信シングル「Don’t Shut Me Down」。

8枚目のアルバム「The Visitors」から39年9カ月。「I Still Have Faith In You」と同時にリリースされる、正に待望という言葉がふさわしい新曲。

つい口ずさみたくなるメロディー。これは正にABBAだと感じさせてくれます。

Don’t Shut Me Down 概要

ABBAが再結成し、新曲をリリースする。これは急にふって湧いて出た話ではなく、2018年の時点でレコーディングをしたという話が出ていました。

曲名もその時に出ており、今作の「Don’t Shut Me Down」と「I Still Have Faith In You」。タイトルとしてそのままの物が、今回リリースされた形です。

本来の予定では2019年初頭の予定が、何らかの理由で今まで伸びていました。音楽だとわりとよくあることだったりします。

ジャンルが全く異なりますが、メタルの重鎮 Iron Maiden。日本では今作と同日にリリースされるアルバム「Senjutsu」は、2年前にレコーディングが終了。

良し悪しの判断をするために寝かせていたら、現在の世界的な状況が訪れたという…。タイミング的にABBAは状況が異なりますが、よくある一例でした。

また、今回もの凄く興味深いのはこのシングルのリリース自体は想定内でも、9枚目のアルバム「Voyage」のリリースまでもが発表されたということ。

しかも遠い未来の予定ではなく、21年11月5日。この展開の早さにはビックリした方が多いのではないでしょうか。自分もめちゃくちゃにビックリしました。

また、同時に22年5月27日からロンドンのクイーンエリザベスオリンピックパークで、ホログラムを利用したライブが行われることも発表しています。

Don’t Shut Me Down

Apple Music Movie IconDon’t Shut Me Down
Lyric VideoをApple Musicで観る

お願いだから「Don’t Shut Me Down」。

まるで幼い子に話かけるように始まり、Bメロの頭での鍵盤のグリッサンド。意図して含めていると思いますが、これはABBAだと感じずにいられません。

It’s time, at last, to let him know

「ついに彼に知らせる時がきた」。知らせるのは行く時間。明かりが付き止まっていた時間が再開するのは、ABBAそのものと結び付けない方が難しいです。

「I Still Have Faith In You」と表現は少し異なりますが、対になる部分を感じさせてくれます。元々の予定とはズレても、同時にリリースに納得です。

I’m not the same this time around
I’m fired up, don’t shut me down

「今回は同じじゃない、熱いんだ。シャットダウンしないで」。ABBAの復活はメンバーが健在しているからこそ、長いこと可能性として言われていたこと。

それでも今回のようには実現することはありませんでした。このメッセージは、本当に今までとは違うんだ! という、ABBAの意思表示ではないでしょうか。

過去に生きる人ではなく、今の時代にということを強く感じてしまいました。

I have learned to cope
And love and hope is why I am here now

「対処することを学んだんだ。そして愛と希望があるからこそ、今ここにいる」。いろいろな経験をしたからこそ、今のこの状況がある。

長い中断があったとしても、それは変わらないんだということを提示している気がしました。これは聞く人の大きな背中を押してくれる力にもなりそうです。

もうないなと思っていることでも、シャットダウンして閉じることをしなければ、再開することができるのだから…。

ABBAとして扉を完全には閉めていなかったからこそ、40年近く時が経過しても再開ができるのでしょう。行動で示したからこそ、余計にですね。

また、どうしてもABBAの状況と結びつけてしまう歌詞。変に気を張らないメロディーが美しいのは、聞いていて興味深く感じるなという方が難しいです。

あとがき

楽曲の部分でBメロと記載したので、ここでちょっとした豆知識。

自分もここ最近で知ったのですが、Aメロ、Bメロ、サビというのは海外の方にはあまり通じません。「◯メロ = Verse 」「サビ = Chorus」なんだそう。

その他も「間奏 = bridge、interlude」だったりします。歌詞を見る時にたまに海外サイトを見たりするのですが、個人的にその意味を知って納得でした。

話を戻すと「I Still Have Faith In You」は、再開の提示としてぴったりな曲。対して「Don’t Shut Me Down」は、これは正にABBAだという感じです。

これはそれぞれの歌詞も含め、2曲同時にリリースしたことの意味を感じさせてくれます。40年弱待たせたからこその、粋な対応であるとも言えそうです。

また、2018年の時点では2曲であったのが、なんらかの要因でリリースが延期。それでも更に曲が制作され、アルバムになったというのも興味深いです。

完全復活となる9枚目のアルバム「Voyage」のリリースは、21年11月5日。すぐにその他の収録曲が聞けるようになるのは、楽しみでしかありません。

先行で配信された2曲。これを聞いて感じるのは、生粋のオールドファンはもちろん、沢山の方が楽しめる内容であることは、間違いがなさそうです。

 

以上、『ABBA:Don’t Shut Me Down ~まだするべきことがあるの~』でした。


Amazon【ABBA】関連商品

ABBA 関連記事

2021/9/2 release Digital Single
ABBA:I Still Have Faith In You ~信じ続けることができたから…~

2021/9/2 release Digital Single
ABBA:Don’t Shut Me Down ~まだこれからするべきことがあるの~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

コメント