26時のマスカレイド:ちゅるサマ! ~夏の夜に行われる舞踏会~

26時のマスカレイド:ちゅるサマ! 邦楽レビュー

26時のマスカレイドのファースト・デビュー・ミニアルバムである「ちゅるサマ! (Special Edition)」。

26時のマスカレイドは読モBOYS & GIRLS × Zipperアイドルオーディションで選抜されたメンバーで結成された、現在5人組のアイドルグループです。

インディーズでミニ・アルバム、シングルが1枚ずつリリースがされていますが、3作品目でのデビューはアイドルグループとして早いですよね。

雑誌から選抜されて結成されたグループというのもありますが、リリース週のオリコンウイークリー1位のいうのは、さすがというべきかもしれません。

このアルバムはインディーズリリース時の再収録の3曲も含まれていますが、アイドルグループのデビュー・アルバムとは思えないよい内容になっています。

いろいろとある夏の気持ち

「ちゅるサマ! (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. ちゅるサマ!
  2. エンジェルナンバー
  3. アルタイルよ教えて
  4. B dash!
  5. ハローハロー
  6. ハートサングラス
  7. LOVE&FISH
  8. 心から
  9. ゼンキンセン

5曲目、6曲目、8曲目がインディーズでリリースをしたミニ・アルバムからの再収録された曲です。だからなのか、前半と後半が少し違った感じに聞こえます。

また、配信バージョンがSpecial Editionとなっているのは、8、9曲目のボーナストラックが収録されているのが理由です。配信バージョンのメリットですね。

曲名だけを見ても、アイドルらしいかわいらしい曲名になっています。

加速していく夏の恋

アルバムのタイトル曲で、オープニング曲でもある「ちゅるサマ! 」。

夏しか季節が思い浮かばない、完全なる夏曲です。ライブでタオルをぶんぶんと力強く回しているのが、目に浮かぶような曲になっています。

夏は恋を加速させますから、女の子の盛り上がる恋の気持ちが分かります。MVが夏曲でプーるだからといって水着でないのが、逆に好感を持てました。

それにしても「ちゅる」ってなんでしょうね? 意味が分からないからこそ、なんの意味だろうと逆に気になってしまいます。

眠れない深夜の感情

SILENT SIRENのメンバーが作詞をしている「エンジェルナンバー」。

自分の描いた未来へと進んでいくから、私を見ていてというのはいいですね。眠れなくて26時に宇宙を見上げたけれど、気付いたら朝になっていた…。

純真な女の子の気持ちが分かる感じがじます。

これでもかと弾けた夏曲のあとにタイプが違うこの曲を持ってくるのは勝負だと思うのですが、うまくハマっているので成功ではないでしょうか。

明るいだけではない、少し不安な面が見えるというのが興味深いです。「ちゅるサマ! 」に続き、なぜ「エンジェルナンバー」と曲名にしたのか気になります。

エンジェルは読み取れますが、ナンバーってなんなのでしょうね?

同じ様に最も輝きたくて

バラード曲の「アルタイルよ教えて」。

明日へと進んでいくために意味を教えて欲しいという希望の曲ですが、こういう曲も歌えるんだとびっくりする方も多いのでないでしょうか?

アップテンポの曲だけでなく、ちゃんとしたバラード曲を歌えるアイドルグループは少ないので、26時のマスカレイドの強みになる曲になるでしょうね。

今回のミニ・アルバムの中で1番気になった曲でです。アイドルグループだからではなく、この曲は聞いて欲しいです。よいバラード曲になっています。

間奏での泣きのギターソロはアイドルグループの曲ではあまり聞けないソロなので、ギターを弾いている人は気になってコピーしたくなってしまうかも…。

本心を知られないための照れ隠し

インディーズでリリースした再収録曲の「ハートサングラス」。

女の子の好きという気持ちが、あふれ出てくるような曲です。好き過ぎることを悟られないように、かけたサングラスがハートであるというのが面白い!

隠しているつもりで、まったく隠せていないですよね、そこがまたかわいらしい。気付いてほしくないとは思いつつも、本当は気付いて欲しいんでしょうね。

素直に伝えることのできないもどかしい思いは夏のせいにしたいというのは、気持ちが伝わってくるようです。

いろいろな要素が含まれているので、よく聞くと演奏が興味深い曲になっています。この曲はシングルのテーマとも合いますし、再収録したのも納得です。

ちゅるサマ! あとがき

ファースト・アルバムでこの内容は、次の展開がとても気になってしまいます。欲を言えば前半と後半の曲のクオリティが異なるのが、少し気になりました。

前半の方が1段階は曲がしっかりとできています。内容がよい分、もっとという希望も感じさせてしまうアルバムです。聞く方は欲張りですね。

音楽は勢いが大切ですし、グループとしても今の勢いは維持したいでしょうから、次の音源もそう遠くない時期に聞けるのではないでしょうか?

どんな活動をしていってくれるのか、楽しみなアイドルグループがまた1つ増えました。ユニット名も他にない感じで気になりますし、いい感じですよね。

 

以上、『26時のマスカレイド:ちゅるサマ! ~夏の夜に行われる舞踏会~』という記録でした。

コメント